EDを治すための薬と食事

EDを治すために使用される薬はED治療薬です。
医師の処方薬ですが、個人輸入を介して海外から取り寄せることもできます。
精力剤は薬と健康食品にわかれますが、ほとんどは健康食品に分類されています。
一般的にEDの薬といえば、バイアグラなどのED治療薬を指しています。

ED治療の基本は、薬物療法と食事改善となります。
薬を飲むことで即座にペニスを勃起させ、勃起不全の悩みを解消します。
健康食品はサプリを使用する方法は、即効性が期待できません。
3~6ヶ月以上は継続的に飲む必要があるので、途中で挫折する方も少なくありません。
薬ほどの効果も期待できないため、初期の症状を超えてしまうと健康食品やサプリでの改善は難しいでしょう。

食事改善では血液をサラサラにするための対策が必要となります。
血液がドロドロしていると、血管壁をスムーズに流れることができなくなり、それにより勃起力が減退します。
EDになったときはペニスをトレーニングすれば治るという俗説も聞かれますが、これは根拠のないものです。
血行不良により立ちが悪くなる以上、血行を促進させなければ意味がありません。

食事療法については、クリニックで具体的に教えてくれます。
その内容は難しいものではなく、生活習慣病の予防食となることが多いです。
肥満や脂質異常症を発症している方なら、脂肪の制限をしていきます。
糖質の摂りすぎにより血液のドロドロを招いているなら、炭水化物を制限するように指導を受けることが多いです。
暴飲暴食をする方、肉中心の食生活の方などは、勃起力が減退しやすいので注意しましょう。
EDになりにくい方は、食生活で十分な野菜と魚を摂取しているケースが多いのです。
これらの食材はいずれも血液をサラサラにしてくれます。