EDの症状は3段階に分けられる

EDの症状はその程度によって3段階に分けることができます。
実際の治療の場では「グレード」という言葉が使われており、それぞれの人に対して状態を確認したうえでグレード1~4のいずれかが割り振られる形になっています。
一見すると「それならば4段階ではないのか」となるのですが、最高位のグレード4は「勃起時の陰茎が完全に固く、硬直している」という状態が割り振られますので、このグレード4はEDではないと診断されます。
従ってEDとして診断されるのはグレード1~3の3段階だと言うことになるわけです。
さて、ではそれぞれのグレードがどのようになっているのかについてですが、まずグレード1は最も状態が悪い「性的興奮を得た時に陰茎が大きくなるが固くならない」という状態です。
大きくなることができない場合もこちらのグレード1が割り振られることが多いですが、いずれにせよグレード1は本人が見て勃起状態だと認識できないほど重度のEDです。
続くグレード2は「陰茎は固くなるが挿入に十分なほどではない」という状態です。
これはEDを自覚して病院を受診した場合に多くみられるグレードであり、特に「性行為そのものが難しくなった」という状態が当てはまります。
そしてグレード3は「陰茎は挿入に耐えうるほど固くなっているが、本来の状態と比べれば固さが足りない」という状態です。
性行為自体はできるものの性行為による満足感が得られない、もしくは得られたとしても薄いという状態がこのグレード3に当てはまるわけです。
EDとしては比較的軽い症状であると言えますが、EDは原因を取り除かないと悪化していくこともあるためグレード3でも油断はできません。
このグレードによる考え方は簡単なセルフチェックにも利用できますので、EDではと疑える場合はまず確認してみるようにしましょう。
■EDの治療薬は周りにバレない通販で購入しましょう
レビトラ 通販
■EDかも?と感じたら迷わず治療を!
ED治療
■こちらのED治療薬も人気があります
カマグラ
■ED治療薬、バイアグラの成分
シルデナフィル